頭がディズニーランドだった話。

今日、転職する会社の上司に言われたことです笑

 

「お前はこの1ヶ月で変わったよー。

最初あった時は、マジやべーやつ来たって思ったもん。」

えええええええー!!!!!笑

 

最初どう思ってたんですか!!って思わず聞きましたよ。もう。

だって、そんな自覚ないですし、正直1ヶ月のうちにそこまで変わったっていう自覚もないですし。

 

ただ、よくよく思い返してみれば、確かにそうだったのかもしれないなって思いました。

重ねて上司に、「きっと頭がディズニーランドみたいな感じなんだろうなって思った」って言われたんですよ。

 

どういうことかと言いますと。

 

僕は、こうなりたい、ああなりたいなっていう夢はたくさん持ってました。ただ、それは今の自分の立ち位置から見ればすごく遠いモノだったんですね。

 

分かりやすく言えば、草野球楽しんでる30歳が、

「俺は絶対3年後にメジャーリーグで活躍するんだ!!!」って言ってるような感じです。笑

 

なんの根拠もなければ、そこまでの道筋も、具体的な行動もないし、覚悟もない。ただ、そう描いてるだけ、そうなったら良いなって思ってるだけだったんです。

 

おそらく、「こんな風になったら良いなー」っていう理想は、誰しもあるんだと思います。

 

その理想に向けて、達成可能な計画を立てて、実践する人は、実は限られた一部の人だけみたいです。

僕は弱い人間なので、自分でそこに気づいてちゃんと計画立てて実践なんて、一ミリもしていませんでした。

 

今はそこから自分の人生を見直して、できることを一生懸命やりつつ、理想から逆算して、今何をやったら良いか、しっかり考えています。

 

どんな人生にしたいか?っていうのは、ホント人によって違うと思います。ただ、もっと変わりたい!って思う人には、僕は読書をオススメします。

 

この本は、アメリカの一流大学の学者が行った実験結果から、人はどういうシーンでどういう行動を取るか?という事例がたくさん書いてあります。

自分の行動を管理するのにうってつけです。

 

まずは一つでも良いから、実践したいですね!