個人が稼げるネタってなぁに?

副業解禁!っていう話が経済誌に取り上げられるようになって、はや一年。

といっても、何したら良いのかわっかっりっませーん!!笑

 

ブログを書いて、その広告収益などでお金にする、っていうのも一つの方向性らしいです。

と、いうことで今日は、みんなが見たくなるブログのネタってなんだろう?ということを考えてみました。

 

いろんな分け方があると思いますが、大きく3つの方向性を考えてみました!

1、面白いネタ

2、専門的なネタ

3、今の時代、これからの時代の知識が深まるネタ

 

 

1、面白いネタ

今の時代、面白いネタはホント溢れてますねー。

15年くらい前はTVがメインでしたが、今はインターネット上にたくさんのネタがあります。

twitterInstagram、bokete

・漫画アプリ

・hulu、AbemaTVなど動画配信

twitter見てても「メッチャ面白いwww」っていうネタはありますが、その中で目立っていくには相当のセンスが必要な気がします。笑

 

2、専門的なネタ

これは、何かに好きなこと、ハマってることがある人向け。

僕、どハマリしてるものがある人ってホント羨ましいなーと思うんですよ。

何にハマっているかは何でもいいと思います。

ジャニーズが好きーとか、AKBグループを10年おっかけてます!とか、ガンダムと結婚したいです・・・とか、マンホールが好きで好きで全国回っちゃいました。とか。

これはハマってる度合いが強いほど有利かと思いがちですが、実はそうでも無いと思ってます。下記のブログを読んで感じたことです。

note.mu

一つの分野で詳しい人って、上には上がいるじゃないですか。

例えばジャニーズだったら、3か月前からsexy zoneを好きになったっていう人がいる一方で、30年前から全てのユニットのライブ行ってます、みたいな人もいる。笑

でも、ジャニーズに詳しい人を上から順に並べたら、むしろあんまり知らない人の方が圧倒的に多いんです。

大事なのは、自分より詳しくない人に向けて、「見たい!」って思うようなネタを発信できているかどうか。

ドヤ顔で文章書かれるよりも、楽しそうな感じが伝わるInstagramの写真一枚の方が、「いいね!」ってつくと思うんです。

だから大事なのは、自分より詳しくない人にも価値が伝わるようなネタをつくること。

 

3、今の時代、これからの時代の知識が深まるネタ

これは起業家、実業家が得意な分野ですね。ホリエモンキンコン西野さんが良く炎上して目立ってますね。笑

そこに同じレベルで立ち向かおうとするのは、ライオンにミジンコが挑むようなものだと思います┗(;´Д`)┛

自分が出せるネタがあるとしたら、実業家さんのメッセージを分かりやすく解説してみること

僕自身、一目見ても?「はぁ?何言ってんの?」とつい思っちゃうような難しい話、理解できない話がたくさんあります。

他の人の話を聴いて、初めて「あ!そういうことか!」と気づいてから、そのレベルの高さに腰を抜かすわけですが・・・笑

これをやってみると、自分の頭の整理にもなって役立つかも。

 

 

と、いうことで、、僕は頭が良くてイっちゃってる人たちのメッセージを分かりやすく解説してみる!ということで、このブログのネタを作っていこうと思います。

 

以上の分析は完全に僕個人の主観です。人によって違う強みや、やってみたいコトがあると思いますし、僕の発想にないネタがたくさんあるはずです。それは是非教えてください。

何にせよ、まずはやってみよー!