今の時代、起業するなら?

また思いつきでブログ書いちゃうわけですが。笑

 

会社員一筋で一生終えるより、自分のビジョンで仕事を創るっていう経験に憧れる人って、僕だけじゃなくて結構いるんじゃないかなって思います。

 

複業で起業するっていう人も多い世の中ですし。

これからの時代はそういう人が増えていくんだと思いますが。

 

どんなジャンルがあるのかな・・・

 

ブロックチェーン

・シェアリングエコノミー

ビットコインなど仮想通貨

・VALU、CASHのようなマネー絡みの新アプリケーション

・ブログ、noteなどの有料記事、ライター

 

ちなみに僕はプログラミングはやらない人です。笑

できないというよりも、やりたくない。

それでも必要があれば勉強してやればいいかな、くらいに捉えています。

 

ただ、何が当たるかわからないので、とりあえずノリと勢いでアプリ作ってみて、友達に「こんなんどう?」って聞けるまで自分で持っていけたら、トライアンドエラーは素早くできるだろうなって思います。

 

今の僕の段階では、そもそも何から試せば良いかも全くわからない状態なのですが。笑

 

何にせよ、自分が興味あるもの、熱中できるもの、情熱傾けられるモノの方が、真剣にやろう!って気持ち湧いてきそうですよね。

 

そもそも、そんなものが今は無いのですが(爆)

前に堀口さん

number333.org

という起業家の方は「「これやってみたい」っていうのはほとんどの人が思っていると思います」

って仰ってたのですが、、、みなさん、そうなんですか?汗

 

僕は正直思いつかなくて困ってます。

そんなご時世、もっと気軽に簡単に、「こんなん考えてみたけど、どーかな?」ってシェアできる土壌があると良いのかな、とは思いますが・・・

 

そのためにやるべきことって、何なんだろう?笑

僕は僕なりに考えてみるとします。

頭がディズニーランドだった話。

今日、転職する会社の上司に言われたことです笑

 

「お前はこの1ヶ月で変わったよー。

最初あった時は、マジやべーやつ来たって思ったもん。」

えええええええー!!!!!笑

 

最初どう思ってたんですか!!って思わず聞きましたよ。もう。

だって、そんな自覚ないですし、正直1ヶ月のうちにそこまで変わったっていう自覚もないですし。

 

ただ、よくよく思い返してみれば、確かにそうだったのかもしれないなって思いました。

重ねて上司に、「きっと頭がディズニーランドみたいな感じなんだろうなって思った」って言われたんですよ。

 

どういうことかと言いますと。

 

僕は、こうなりたい、ああなりたいなっていう夢はたくさん持ってました。ただ、それは今の自分の立ち位置から見ればすごく遠いモノだったんですね。

 

分かりやすく言えば、草野球楽しんでる30歳が、

「俺は絶対3年後にメジャーリーグで活躍するんだ!!!」って言ってるような感じです。笑

 

なんの根拠もなければ、そこまでの道筋も、具体的な行動もないし、覚悟もない。ただ、そう描いてるだけ、そうなったら良いなって思ってるだけだったんです。

 

おそらく、「こんな風になったら良いなー」っていう理想は、誰しもあるんだと思います。

 

その理想に向けて、達成可能な計画を立てて、実践する人は、実は限られた一部の人だけみたいです。

僕は弱い人間なので、自分でそこに気づいてちゃんと計画立てて実践なんて、一ミリもしていませんでした。

 

今はそこから自分の人生を見直して、できることを一生懸命やりつつ、理想から逆算して、今何をやったら良いか、しっかり考えています。

 

どんな人生にしたいか?っていうのは、ホント人によって違うと思います。ただ、もっと変わりたい!って思う人には、僕は読書をオススメします。

 

この本は、アメリカの一流大学の学者が行った実験結果から、人はどういうシーンでどういう行動を取るか?という事例がたくさん書いてあります。

自分の行動を管理するのにうってつけです。

 

まずは一つでも良いから、実践したいですね!

日本の大企業を2年で辞めた話。

僕が新卒で入社したのは、某NTT東日本という会社でした。

 

元々インターネットが好きだったのと、親父が公務員だったので何となく安定志向だったことが、入社の決め手でした。

 

誰でもあることだと思うのですが、入社前と後のギャップはとても大きかったです。笑

 

当時のNTT東日本は、他の会社とタッグを組んで新しい事業をつくろう!というメッセージで新卒採用をしていたように見えました。ところが、いざ入社してみると・・・

 

先輩方の、どっしりした、ガンコな、「このポジションを譲らんぞ!」という腰の重さ。笑

 

ここまで変化を嫌う人ばかりの集団だとは思いませんでした。笑

 

だからこそ、会社の人事は「変えなきゃ!」と思っていたのは事実だと思いますが・・・

正直思いました。

「ここまで変えるのが大変なら、新しくつくった方がずっと早い。」

 

実際、ありがたいことに新卒1,2年目から大きなプロジェクトをやらせていただき、支店から本社経由で他の支店に施策を展開しようとしていました。

 

先輩のツテを使って、本社のエラい人の力も借りていたのですが・・・結局は、他の人の圧力に負けて施策の展開はならず。

「変えるのなんて、めんどくさいよ」という圧倒的な姿勢を感じました。笑

 

さすがにあれほど大きな大企業になると、変えるの面倒だと思う気持ちもわからなくはないのですが・・・。

 

もちろん僕の力不足があってこそなのですが、正直会社にはがっかりしてしまいました。

ラーメン大好きな男がグルテンフリーダイエットに挑戦してみた!その2

大事なところで記事を切ってしまいましたが笑

そう!ある日には日に3回もラーメンを食べていた男が、ジョコビッチに学んでグルテンフリーダイエットに挑戦し、早3週間が経ちました。

その結果は…

体重、-0.5kg。笑

ま、とはいえ3週間ですから!ꉂꉂ(๑˃▿︎˂๑)ァ,、'`

ただ、思った以上の効果が出たのは体重ではありませんでした。

グルテンフリーしてから、体が軽くて気分が良い!

そう、前回記事で紹介した本にも書いてあった効果はむしろこちら。
ジョコビッチが「プロ生活最低」と言った2010年1月から、わずか1年半でウィンブルドン優勝と世界ランキング1位を獲得したのは、なんとこのグルテンフリーの食生活にあったそうです。

食事で世界No.1!ジョコビッチのグルテンフリー食を大解剖! | tennisfan.xyz

パンとかラーメンとか小麦粉大好きだったんですが…今では、少しでも食べると違和感を感じるので、ホントに食べたいと思わなくなりました!

ジョコビッチが言うように「14日間で人生全てを変える」チャンスなので、ぜひお試しを!

ラーメン大好きな男がグルテンフリーダイエットに挑戦してみた!

みなさん、ラーメンは好きですか?

僕は、日に3杯食べることもあるくらい大好きでした笑

 

そんな麺好きな僕は、ある日この本に出会いました。

テニスで有名なジョコビッチ!BIG4と呼ばれる最強選手の一人ですね。

その人が言っていたことは。。。。

グルテンフリーの食事にすることで、パフォーマンスが大きく変わった!」

ってことだったんです!!

 

元々バスケとアメフトを部活でやっていて、それなりにスポーツマンな僕。

30代になると、体のメンテナンスもちゃんとやらないと・・・と思っていたので。

 

グルテンフリーに挑戦してみました!!!

 

・・・その結果は後日。。笑

フツーの人だからこそ、「複業」しよう

最近、「複業」とか「副業」とか、目にする機会多くないですか?

 

正直な僕のイメージは、「えっ!仕事1つでも大変なのに、、、そんなに働きたいの?!」・・・って感じでした笑

でも、複業やってる人に聴いてみると、「やりたいことを仕事にしている」って人も多いみたいです。

 

色んな人がいますが、親しみやすいなーと思うのはこの方です。

note.mu

普通に会社員をやりながら、「自撮り」が得意ということでInstagramにUPしたり、コツコツブログを書いていたところ、、、出版社に取り上げられて本を出すことになった!っていう方です。

 

「え、、なんか楽しそうじゃない??」

 

って思いませんか?僕は思いました。笑

 

だからと言って、自分も自撮り始めよう!とは思わないですが、、、つまりは、趣味を突き詰めていったら仕事になっちゃった!って感じなわけです。

これをやると良い点はたくさんあります。

1、好きなことが仕事になる(お金をもらえる)

2、人脈が広がる

3、会社以外の仕事でスキルが身につく!

などなど。

 

なかなか会社ではできないなーと思うこともできたり、なんならそのまま独立!なんて道もありますよね。今の時代、ホントに色んな働き方、行き方がどんどん提唱されているんです。

 

fledge.jp

 

「出産・育児」も複業のうちと考えると、より身近に感じますね。

僕の場合はブログが複業ですが、正直お金になるかどうかなんて全くわかりません。笑

ただ、ちょっとだけ「人のため」になるように、という視点を持ちながら「まずやってみよう!」という感じです。

 

自分の可能性を広げる1つの方法として、気軽に取り組めることが「複業」なんじゃないかな、と僕は思っています。

電話かけてくるヤツとは仕事するな?!

2ヶ月ほど前から話題の堀江さん著「多動力」。

いろんなところで話題になってる、このお題について僕なりに考えてみました。

 

僕の意見は、「確かに自分の仕事はスピードアップする」よなって思ってます!

当たり前のことですかね?

 

前提として、「自分は仕事ができる人だ」っていう自信があるから言えることですよねー( ̄▽ ̄;)

僕はここまで言い切れる自信、ありません。笑

 

電話することによって、お互いの仕事が一歩進む場合は必ずあると思うんですよ。

ただ、「今集中してるんだから邪魔しないで!」っていう気持ちも凄くワカル。

 

TVでこのネタが取り上げられる時に、タレントの方々はどう反応しているのか、僕はTVあんまり見ないので知りません。

ただ、おそらく「ええーーー?!マジで?!Σ(゚д゚lll)」的な反応が多いんじゃないかなと予想してます。

堀江さんの言葉って、超絶ストレートなんですよね。

柔らかさとか全くなくて、いつも本気、みたいな。笑

 

そもそも、「多動力」のコンセプトは「好きなこと、興味が湧きそうなこと、まずはやってみよう!たくさん!」って感じです。だからこそ、一番大事にしているのは「時間」なんです。

 

だからこそ、まず自分の時間を大切にできるように、っていうことなんですね。きっと。

 

とはいえ、未熟なうちは自分から電話して時間をいただく機会が多いんじゃないかな、と僕自身は思います。